広告制作戦術① 伝えたいターゲットにリーチさせる


VCAフレームワーク®:コーポレート・オフィサー・フォーカス

訴求するターゲットを実際に決裁権を持つ人間(Officers)にフォーカスし、コンテンツを制作する手法です。

SP(セールスプロモーション)の対象を、漠然と「企業」あるいは「従業員」と考えるのではなく、導入の決裁権を有するキーマンにフォーカス。

決済権者にわかりやすく、かつ琴線に触れる言葉で、(時には啓蒙情報なども混ぜながら)コンテンツを作成することで、導入率のアップを図ります。

例えば、セキュリティ関連のソリューションならCSO・CISOに、会計ソリューションならCFOにフォーカス。
導入を担当するスタッフが提案書を作ることなくSPコンテンツをほぼそのまま決裁者に上げたり、あるいは決裁者自らが目にしたりすることで、訴求する情報がブレることなくOfficersに届きます。

iTEMへのお問合せ・仕事のご相談・ご依頼は
こちらまで
お電話でのご相談は
0120-307-870
平日10:00~18:00
セールス・勧誘は
ご遠慮ください

0 コメント:

コメントを投稿