ライターに取材させない-iTEMだけのコンテンツ制作手法


iTEMでは、取材や打ち合わせにコピーライターやデザイナーは帯同しません。案件の企画立案から取材、全体の進行といったプロジェクトリーダーの役務をすべてディレクターが行います。

ディレクターに大きな権限と責任を集中させているのには、理由があります。

クライアントの目標を達成するためのコンテンツをつくる

iTEMでは、セールスのプロがディレクター職を担っています。何らかの営業経験があると製品やサービスを売るための問題点をピックアップするのが早いです。また、どのような情報を顧客に提供すれば売上に繋がるかも自身の体験によって理解しています。iTEMでは、この営業経験こそセールスに繋がるコンテンツを制作するのに必要な前提条件だと考えています。

セールスを理解しているプロが、リーダーとしてコンテンツ制作の全責任を負い、企画の提案から納品まですべてに関わることによって、他社とは「ひと味」違ったコンテンツを提供できると自負しています。

営業経験があるディレクター

品質を落とさず短納期でクライアントの要望に応える

市場変化の激しい昨今、企業もマーケティング施策の迅速な実施が求められています。その影響で制作会社は、当然ながらコンテンツの制作期間の短縮を求められています。
iTEMでは、制作期間を短くしてもコンテンツの品質は落とせないため、一般的な制作フローを廃止し、独自のフレームワークを構築して対応しています。。

独自フレームワークの導入で納期を平均で約40%短縮することが出来るようになりました。

iTEMのオリジナル制作ソリューションVCAフレームワーク

なるべく持ち帰りをせずに、その場で提案をする

納期を短縮するためのもう一つの施策として、案件スタートの取材や打合せの際には、ヒアリングだけでなく、可能な限りディスカッションを行い、その場で大まかな企画をホワイトボードに書いてクライアントに提案しています。ディレクターは、取材をしている最中に頭の中で企画案を練っています。

これを行うことにより、無用な打合せを1~2回程度減らすことができます。

打合せ時の提案例
実際の打ち合わせ時の提案例


社内では、対面の打合せは行わない

ディレクターと実制作を担当するクリエイターが対面で打ち合わせすることはありません。所属クリエイターがすべてパートナー企業やフリーランスという理由もありますが、対面での打合せを行わないのはiTEMの方針でもあります。対面の打合せは互いのスケジュール調整に手間を割かれます。口頭だと広告企画の微妙なニュアンスをつい曖昧に伝えてしまうこともあるし、何より移動時間も含めれば本質的にコミュニケーションを取っている時間は意外に少ないものです。

iTEMの打合せイメージ

また、制作に関する指示等は、ドキュメントに落とし込みます。その上で、口頭でしか伝えにくいような点のみを電話会議で補足しています。コンテンツ制作でのミスや齟齬の原因の大半は、口頭伝達での認識違いで起こります。

移動時間や無用な打合せの時間を面倒でも生産性の上がるタスクに振り替えすることで効率化を図っています。

自社で複数のWebサイトを運営してさまざまな技術を検証している

Webコンテンツに関しては、技術の進化やトレンドの変化は、日進月歩です。iTEMでは、別事業で自社運営で複数のWebサイトを運営しています。そのサイト群でさまざまなことを検証しています。

テストサイトを運営

例えば、数年間一切の更新をしなかった際に検索エンジンのランキングがどう変化するか?といったSEOの検証など、実運営でしかわかり得ないようなテストを行うことにより当事者の立場でクライアントに本質的な提案をすることが可能になります。

iTEMへのお問合せ・仕事のご相談・ご依頼は
こちらまで
お電話でのご相談は
0120-307-870
平日10:00~18:00
セールス・勧誘は
ご遠慮ください

0 コメント:

コメントを投稿