広告制作戦術④ 体系的なアピール方法を構築する


VCAフレームワーク® :プロダクト・キャラクタライジング

製品やサービスをアピールする方向性を煮詰めていく手法です。

例えばBtoBにおいて、対象ユーザーが情報を欲するときに感じるエッセンスを、iTEMでは「ニュー・カマー」「ニュー・バリュー」「モア・ユース」「ベスト・プラクティス」の4つに分類しました。

当該プロダクトが、この4つの切り口でアピールする場合、どのような情報が提供できるかを検証します。1つのエッセンスに特化して深掘りするケースもありますし、4つのエッセンスを平準化してまとめる方法も考えられます。

このプロダクト・キャラクタライジングを行うことによって、体系的なアピール方法を確立できます。


iTEMへのお問合せ・仕事のご相談・ご依頼は
こちらまで
お電話でのご相談は
0120-307-870
平日10:00~18:00
セールス・勧誘は
ご遠慮ください

0 コメント:

コメントを投稿