SEO対策不要!成果が出ないWebサイトの共通課題を解決


成果が出ないWebサイト
成果の出ないWebサイトの共通課題は主に3つあります。この共通課題は、弊社が過去に担当した多くの案件の中でも意外なほど解決の優先順位が低く放置されていることが幾度もありました。

iTEMでは、これらの問題解決のためにさまざまな提案を行っています。

その中で主にBtoB企業のコーポレートサイトを対象とした概要を紹介します。

ビジネスモデルやコアコンピタンスが理解できる情報がない

GoogleやYahooといった検索エンジンで上位表示されると絶対的にWebサイトのアクセスは増加します。アクセス数の増加≒ビジネスの成功の重要ファクターです。しかしながらアクセス数増加の施策≠SEO対策ともいえます。検索で上位表示されるようになるのは良いことですが、上位表示を目標としてWebサイトを構築するのは、おすすめしません。

iTEMでは、「名刺交換した人に評価されるWebサイト」を目標にすることを推奨しています。当該企業に興味を持ち、これからお付き合いしてみようと思っている人がWebサイトを訪れた際に、信用に値する情報を提供できていなければ、 他の誰にも有益な情報を伝達することはかなわないでしょう。

名刺交換した会社をネットでチェック

名刺交換した人に好印象(信頼)を与えるWebサイトの要件はざっと7つです。
(1)一見して好感を持てるデザインである
(2)わかりやすい会社概要情報が記載されている
(3)商品やサービスの情報が豊富に記載されている
(4)連絡を取れる手段や窓口の情報が記載されている
(5)見たい情報に簡単にたどり着ける構成になっている
(6)来訪者向けに所在地のGoogleMapが記載されている
(7)ビジネスモデルやコアコンピタンスが理解できる情報がある

(1)~(6)は、機械的に解決出来る問題ですが、(7)の会社のコアコンピタンス(顧客に特定の利益をもたらす技術、スキル、ノウハウの集合)を注力して情報を記載しているWebサイトは多くありません。
一番大切な顧客候補が最も知りたいであろう情報が欠落しているのです。

重要でないこと(SEO対策)に多くのリソースを割いている

現時点でGoogleは、ユーザーに有益と思われる情報を重要視し、不法な技術的対策にはペナルティを与えています。つまり検索エンジンのアルゴリズムのウラをかくようなSEO対策はマイナスになる可能性があります。そもそも、ユーザーにとって有益でない情報が検索エンジンの上位に表示されたとして、健全なビジネスが成り立つとも思えません。
間違ったSEO対策

iTEMでは、ユーザーに「有益な情報コンテンツを制作」することを基本提案としています。 技術的なSEO対策というのは、Webサイト改善リソースパワーの1割程度で対応するくらいのもので、大半のリソースは、良質なコンテンツ制作に振り分けるべきと考えます。

お金を払って外部リンクを購入したり、不自然にロングテールのキーワードを埋め込むといった様な本質から外れたSEO対策は不要です。

商品やサービスに魅力のない事業者ほど技術的なSEO対策に注力しているようです。検索エンジンのアルゴリズムの穴を解析する労力があるのなら、顧客がより満足するサービスを考えた方が建設的で効果的というのがiTEMの考えです。

ユーザーストレスを軽減させる対策を施していない

ユーザーファースト・・・顧客の利便性を優先的に考える
モバイルファースト・・・スマートフォンや携帯端末での表示を第一に設計する
コンテンツファースト・・提供する情報(コンテンツ)の質を第一に考える

インターネットの普及で人々は膨大な情報を簡単に手に入れることが出来るようになりました。反面、本当に必要な情報や自分にとって価値のある情報を容易に探し出すのは選択肢が多すぎて逆に困難になりました。また情報量が多すぎて情報の真贋の判断に割く時間もありません。

つまり個々のWebサイト閲覧に割いて貰える時間はどんどん短くなってきています。ユーザーは、煩雑なUI、不要な情報、 長い読み込み時間といったストレスの溜まることを嫌います。
スーザ-ストレス
現在のWebサイトのトレンドは「コンテンツファースト」「ユーザーファースト」「モバイルファースト」といった3つのファーストが基本と考えます。

たとえば会社の所在地図。スマートフォンやルートサービスがなかった時代は、地図をわかりやすくキレイなデザインで画像提供することが「良」とされていましたが、今やそれがマイナスの評価となっています。Googleマップに登録していてくれれば、あとはユーザーがスマートフォンで最適なルート検索をして訪れてくれます。その方がユーザーにとっては便利なのです。

また、タイトルと中身が乖離している情報もユーザーにとっては大きなストレスを感じる要因になります。実際にサマリーを見て詳細ぺージをクリックして読んでいくと求めた情報ではなかったというケースは少なくないでしょう。そういった事はコンテンツを見直して最小限にしていく必要があります。

iTEMでは、3つのファーストを実現させるための技術をさまざまな角度から検証し、実際に運用可能なソリューションのみを厳選してお客様に提案しています。

質の良いコンテンツを作成するためにはどうすればよいか?

成果が出ないWebサイトの共通課題の解決には、機械的にできる領域と専門ノウハウが必要な領域がありますが、最終的には「良質のコンテンツをつくる」というのがメインの解決策になります。
しかし、良質なコンテンツをつくるのはとても難しいです。機械的に実現可能な手段はありませんので、多くの経験や場数を踏んでいるプロフェッショナルの専門領域になると思います。

ユーザーファースト

iTEMは、取材企業200社以上、担当案件1,000を越える実績があるプロフェッショナルですが、セルフでも良質なコンテンツを作成できる考え方をいくつか紹介します。

□公共の利益や社会生産性に寄与しているかという視点をもつ

企業というのは、小さくとも何らかの社会的価値があって存在しているので、このような視点も持てば自社の強みや競合優位性が明瞭になります。その情報を全体の方向性として位置づけるとWebサイトにオリジナリティが生まれます。

□サイト全体をユーザーの問題を解決するための場と考える

名刺交換した人も検索からサイトに訪れる人も抱えている問題の解決策を手に入れるためにあなたの会社のホームページにアクセスしてきているのです。ユーザーは、会社が提供できるソリューションを知りたいのです。

□情報をユーザーに提供できる価値へ変換する

自社の製品またはサービス情報をユーザーが最終的に得られる「価値情報」に変換してくだい。またなぜその価値を提供できるかできるだけ簡潔・具体的に情報をまとめてください。

□できるだけ専門的な情報を用意する

日本人は「餅は餅屋」という価値観が大好きです。●●専門、××一筋というフレーズは、100の凡情報よりも信頼を得ることができます。自社でしか提供できないプロフェッショナルな専門的エッセンスをできるだけ抽出する作業に時間を割いてください。

まだまだたくさんありますが、概ねこの4点をしっかりと見直していけば、現在のWebサイトの問題点は明確になるはずです。

 iTEMでも、 独自のフレームワークを用いた「質の良いコンテンツ制作」の設計・提案を行っていますので、ご興味のある方は、お気軽にお問合せください。

2015.5.12

≫ビジネスモデルをデザインする会社案内・企業サイトの作り方を見る
≫iTEMに制作の相談・見積依頼をする
iTEMへのお問合せ・仕事のご相談・ご依頼は
こちらまで
お電話でのご相談は
0120-307-870
平日10:00~18:00
セールス・勧誘は
ご遠慮ください

0 コメント:

コメントを投稿