広告制作戦術⑦ 段階的な制作プロセスでクオリティアップ


VCAフレームワーク® :シナリオ・リストラクチャリング

段階的な制作プロセスをとりコンテンツシナリオの精度を高めていく手法です。 まずアドバンスト・インタビューをもとに、提供いただいた資料、自前のデータなども含めて検討し、仮想シナリオを立案します。

重要なのは、シンプルさ。

BtoBならPRは理詰めが基本であり、そのためにはシナリオに一本筋道が通っている必要があります。多くの要素を入れ込んでも焦点がブレてしまっては、高い効果は望めません。仮想シナリオでお客様とコンセンサスを形成後、文章を肉付けしていきます。

キャッチやリード文などの表現を工夫したり、商品・サービスの特徴に関係する、より効果的な市場統計を探したりします。

Web広告などの場合「資料を請求させる」「問い合わせをさせる」ことが最終ゴールであるため、場合によってはコンテンツで多くを語らず、ターゲットに「もっと知りたい」と思わせる心理学・交渉術的なナレッジも活用します。


iTEMへのお問合せ・仕事のご相談・ご依頼は
こちらまで
お電話でのご相談は
0120-307-870
平日10:00~18:00
セールス・勧誘は
ご遠慮ください

0 コメント:

コメントを投稿