外資系向けのローカライズ・翻訳サービス


外資系企業向け日本市場のマーケティングサポート
iTEMのお客さまの大半は、IT企業ですので外資系企業や外国製品を取扱う企業の日本市場や日本ユーザーに合わせた販促ドキュメントの作成といったマーケティングのお手伝いをさせていただく機会もあります。

主に、ホワイトペーパーやカタログといった販促物のローカライズですが、日本市場では、グローバル基準に沿ったやり方では、なかなか上手くいかないことが多いです。

理由は色々と考えられますが、やはり日本独自の商習慣や販売パートナーとのつきあい方、ドキュメントでいえば、本国の原文を忠実に日本語に訳した場合の違和感などがあると思います。

本国の販促プログラムと日本市場のギャップを埋める

市場のギャップといっても、本国では知名度があったり、グローバルでは売れていても日本市場では、製品が浸透していなかったり、そのカテゴリでは、日本独自の製品シェアが大きいといった市場ポジションの問題もあれば、本国の提供する情報と日本市場で必要な情報に差異があるなど、さまざまな事象があります。

iTEMでは、本国の規定やグローバルCIを考慮しつつ、日本市場で製品やサービスをどうアピールしていけばよいかを取材やヒアリングと独自の制作フレームワークなどから構築し、ギャップを埋める提案をしていきます。

ダブル翻訳で違和感のない日本語ドキュメントを作成

前項のような全体的なプロモションの提案とは別に、グローバルのWebサイト、カタログ、事例、ホワイトペーパーといった個別の販促ドキュメントのローカライズ翻訳もサポートしています。

iTEMのローカライズ翻訳の特長は、ダブル翻訳(編集)することです。

iTEMのローカライズ翻訳
一般的に翻訳会社は販促のプロフェッショナルではないので、ITや専門分野に長けた翻訳サービス会社であっても、販促物として見た場合、どうしても違和感が残ってしまいます。

ダブル翻訳(編集)の特長は、一旦、翻訳したドキュメントを日本市場に通用する販促物として再編集する点です。1次翻訳されたドキュメントは、いわゆる販促物を作成する為の資料という扱いにします。

1次翻訳で作成した資料と取材やヒアリングした内容を元に独自フレームワークのシナリオ・リストラクチャリングで販促物としての文章を作成していきます。

この手法によって、しっかりと日本市場に対応したローカライズドキュメントが完成します。


≫iTEMにローカライズの制作の相談・見積依頼をする
iTEMへのお問合せ・仕事のご相談・ご依頼は
こちらまで
お電話でのご相談は
0120-307-870
平日10:00~18:00
セールス・勧誘は
ご遠慮ください

0 コメント:

コメントを投稿